【22卒経験談】A.T.カーニーのES質問内容とその講評を紹介!

ATカーニーES 体験談

少数精鋭の外資コンサルとして有名なA.T.カーニー。
そのESではしばしば突飛な質問が出されることでも有名です。

そこで今回は、実際に22卒の筆者がA.T.カーニーに応募したときのESの質問内容と、その講評を公開します!
A.T.カーニーを受けようと思っている人の参考になれば幸いです!

A.T.カーニーのESで聞かれた質問

ATカーニーES質問

さて、筆者がA.T.カーニーを受けた際にESで聞かれた質問ですが、これが非常に厄介なものでした。
質問は以下の通りです。

タンタカポンの憂鬱

あなたは、国内の超一流企業に勤め、30歳で部長に抜擢されたエリート社員です。あなたは、勉強熱心で様々な書籍を読み漁り、各種セミナーにも参加するなどして、自己研鑽してきました。普段の仕事の中では、コアコンピタンスや、リソースベーストビューなどのカタカナ言葉を使いこなしながら部下に指示を出したり、ミーティングを取りまとめたりしてきました。そんなあなたから見ると、これらの概念をちゃんと理解できていない同僚や、そもそも知らない部下を心の中では軽蔑し、自分は何でも知っていて優秀な人間であると思い込んでいました。

ある日の朝、会社に行くと、プロジェクトを一緒にやっているメンバーの榊が新人メンバーの水野に対して、「この資料だと、タンタカポンの基本ができていないんだよね。この資料は、恥ずかしくてお客さんに出せないかな」と叱責しており、あなたを見た榊が「部長、この資料を見てどう思いますか。水野は、タンタカポンもできないんですよ」と言ってきたので、タンタカポンが何かよくわからなかったものの、あなたは「水野、タンタカポンは大事だぞ」と答えてしまいました。

また、次の日には、クライアントの社長の沖島から「先日お客さんとバーに行ったら、出てきたものがタンタカポンだった。君はタンタカポンをどう思う?」と言われ、あなたは「タンタカポン、美味しいですよね。私も好きです」と答えたところ、沖島は「馬鹿にしているのか」と怒ってしまいました。あなたは、頭が混乱して、クライアント先から会社に帰って、必死にインターネットや書籍で調べましたが、タンタカポンに関する説明は一切出てこず、どうしても意味がわかりません。

さらにその日の夜に、大学時代の友人の結城と萩尾と食事をしていたら、彼らから「そういえば、今度の日曜日、小沢のためにタンタカポンするんだけど、お前もどう?」と聞かれ、いっそう混乱しながらも「でも、俺タンタカポンやったことないし、苦手だから遠慮するよ」と答えたら、2人は怪訝そうな顔をしていました。

問題
もう、「タンタカポン」を知っているふりでしのぐのは限界です。類稀な想像力、論理的思考力、思考体力の持ち主であるあなたは、この「タンタカポン」が何を指すのか理解するために、どのようなアクションをとりますか。また、その際あなたは、1階だけ質問をすることができます。誰にどのような質問をしますか(タンタカポンの意味を直接聞く質問はNGです)。

回答のポイント

ATカーニーES解答

さて、あなたならどのような回答を出すでしょうか。
筆者は、「榊に対して水野とともにタンタカポンができた資料を一緒に作成して自分にも見せるよう頼み、タンタカポンの他に修正したところはどこかと聞くことで、それ以外の差分からタンタカポンを推測する」という答えを出しました。

しかし、結果は残念ながら不合格。

のちに講評が返ってきたのですが、「大切なのはタンタカポンの意味を理解することではなく、まず迷惑をかけてしまったクライアントに対してきちんと謝ることだ」というような内容でした。
正直ちょっとずるい答えのような気もしますが、社会においての優先順位をきちんと理解しているとそのような答えになるのでしょう。

今回は運が悪かった、残念!
引き続き就活頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました