FPは就活に役立つ?独学で取得してみた!

FP ファイナンシャルプランナー 資格

就活に向けて資格をとってみようと考えたことがある方なら、「FP(ファイナンシャル・プランナー)」という名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし、FPと聞いてもどんな資格なのかよくわからないし、本当に就活に役立つのか疑問に思う方も多いと思います。

そこで今回は、実際にFP3級を独学で取得した私が、FPとはどんな資格なのか、就活には役立つのかなど、就活生が気になる情報をまとめてご紹介します!

FPの取得を検討している全就活生、必見です!

そもそもFPとは?

ファイナンシャルプランナー

FPという名前は聞いたことがあっても、その内容についてはイマイチわからない、という人もいると思うので、まずはFPとはどんな資格なのかについてご紹介します。

FPとは、「ファイナンシャル・プランナー」の略。
FPの資格試験を主催する日本FP協会のHPによれば、「FPとは、一人ひとりの将来の夢や目標に対して、お金の面で様々な悩みをサポートし、その解決策をアドバイスする専門家です。」とあります。

私たちが生きていく上で、お金の問題を避けては通れません。
特に今後社会に出て働くようになれば、年金や保険、税金、相続など様々なお金の問題をより強く意識するようになるでしょう。

こうしたいろいろな面のお金の知識を身につけて、それを基に家計の改善を図るのがFPというわけです。
このような仕事内容から「家計のホームドクター」と呼ばれているのにも納得できますね。

主なFP資格にはCFP認定者、AFP認定者、FP技能士の3種類があります。

一般に言われるFPとはFP技能士のことであり、FPには1級、2級、3級があります。
各級の学科試験と実技試験の両方に合格することで、その級のFP技能士を名乗ることができます。

実技試験と聞くと、「実務経験がなくても大丈夫?」と不安になる方もいるかもしれませんが、心配は不要。
実技といっても内容はほとんど学科試験と同じ知識問題であり、覚えるべきことをしっかり頭に入れておけば十分です。

さて、FPとはどんな資格なのか、理解していただけましたか?

ここからは、実際にFPが就活に役立つのか、私の経験を基に解説していきます!

FPは就活に役立つ?

FP就活

結論からいうと、FPは直接的には就活に役立ちません
しかし、間接的に役立つ部分はたくさんありますし、今後の長い人生の中ではかなり役に立つと言えるでしょう。

なぜこのように言えるのか、詳しくご説明いたします。

資格の取得が比較的簡単である

まず1つ目に挙げられるのが、資格の取得が比較的簡単であること。

FPの試験では複雑な計算や高度な論理的思考力を要するような問題は出題されず、覚えるべき内容さえ覚えていれば合格できます
覚えるべき内容も司法試験のように膨大なわけではなく、本1冊分くらいの量で十分なので、記憶力の良い人なら2〜3週間の勉強で合格してしまうでしょう。

このくらいの難易度ですから、企業側からしてもそれほど魅力的なスキルではありません。

実際、私は簿記の資格とFPの資格を持っており、その両方とも履歴書に書いて様々な面接や採用などを受けました。
その中で、簿記の方に興味を持っていただけることはありましたが、FPの方に興味を持っていただけることはありませんでした。

簡単な資格ほど取得するのは楽ですが、そのぶん評価される際には加点要素となりにくいことも認識しておくべきでしょう。

内容を直接生かせる業種が少ない

次に挙げられるのが、勉強した内容を直接生かせる業種が少ないことです。

FPの主な試験内容は、年金や社会保障、保険、税金、金融、不動産、相続などです。
したがって、FPの学習が直接的に役立つような業種としては、銀行や保険会社、不動産会社などが考えられます。
こうした業種ではFPの知識が直接生かせると思いますが、他の業種につく場合にはほとんど役立たないと考えるべきでしょう。

また学習内容も基本的なものばかりなので、銀行や保険会社、不動産会社などで働く場合には、FPで学ぶレベルの知識は身についていて当然だと捉えられるはずです。
したがってこれらの業種においても、FPの資格によって高く評価されることは期待しない方が良いでしょう。

でも人生においてはかなり有益

お金

と、ここまでかなりFPの資格に否定的な意見が続いてしまいましたが、FPの知識がなんの役にも立たないか、と言われればそうは思いません。

なぜなら、年金や社会保障、保険、税金、金融、不動産、相続などといったお金に関わる知識は、人生の中でめちゃくちゃ役に立つからです。

例えば不動産の知識は一人暮らしの家を契約する際にとても役立ちましたし、二十歳になって年金の案内が届いた際には「学生納付特例制度」を活用して納付の猶予をもらいました。

このように、知っていると得をする実用的な知識を学べる点がFPの魅力です。
働く側として役立つことはあまりなくても、普段の生活の中では様々な場面で知識を生かすことができるのです。

よって、FPが就活で直接的に役立つ可能性は低いけれど人生においては大いに役立つ、というのが私の見解です。

FPを独学で取得する勉強法

FPの独学勉強法

FPは就活面に限定するとあまりメリットはないものの、人生の中で考えれば取得するメリットもあることがお分かりいただけたかと思います。

ここからは、独学でFPを取得した私がどのように対策を行ったのかについてご紹介します。

FPをとってみようと思っている方は参考にしてみてください!

まずは参考書で知識を頭に入れよう

先ほども出てきたように、FPの試験内容はほとんどが暗記です。
したがって、まずは出題分野についての基礎知識を頭に入れなければなりません。

この段階でオススメなのは、FP対策用の参考書を1冊決めて取り組むこと。
学ぶ内容は税金から不動産まで幅広いですから、各分野について参考書を購入するよりもFP対策用の参考書を1冊購入して取り組む方が効率的です。

私自身も大きな書店に行き、たくさんの参考書を比較しましたが、オススメなのはこちらの「史上最強のFP テキスト」シリーズ。
3級、2級ともに9割以上の出題カバー率を誇っており、網羅性ではナンバーワンだと感じたためこちらの参考書を使用しました。
巻末には頻出問題チェック集もついており、スムーズに問題演習へとつなげていくことができます。

次に問題演習で知識を定着させよう

網羅系の参考書で一通りの知識を頭に入れたら、次は問題演習を積んで知識を定着させていきましょう。

FPの試験問題は全て正誤判定や選択問題であり、記述式の問題はありませんからとにかく練習を積んでポイントとなるところを覚えていきましょう。
試験範囲が多くて圧倒されるかもしれませんが、問題で出題されやすいところは決まっていますので、重要度の高いものを中心に取り組めば十分合格点に達することができます。

私が使ったのは先ほど挙げたものとセットで売られている「史上最強のFP 問題集」シリーズ。
問題量が非常に豊富であり、合格ラインが6割であることを考えるとややオーバースペックではありましたが、先ほどの参考書とセットであるため勉強しやすいことや、大は小を兼ねることなどを考慮してこちらを使用しました。

通信講座などの受講もありかも

ここまで独学での勉強方法についてご紹介してきましたが、自分で計画的に物事を進めるよりも誰かに管理してもらった方が合うタイプの人もいるでしょう。
その場合には通信講座などの受講を検討してみるのもありだと思います。

【オンスク.JP】では、月額980円で資格の学校TACのノウハウが凝縮された講義動画を受け放題。
スマホでもPCでも、マルチデバイス対応でどこでも学習が可能なので、スキマ時間を有効に使って勉強することができます。
独学はやや不安、という方はこうした安価なサービスを使って短期間で集中して勉強すると良いでしょう。

様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】

まとめ

今回の記事の内容をまとめると、以下のとおり。

  • FP取得は比較的簡単であり、浅く広く系の資格であるため就活で直接的に役立つ場面は少ない
  • 人生においては様々な場面で役立つ
  • 独学するなら網羅系の参考書でインプット→問題集でアウトプット
  • 独学が苦手な人は通信講座を利用しよう

お金に関するリテラシーは人生において必要不可欠ですから、この機会に勉強しておくと後になって役立ってくると思います。

大学生の内にたくさん行動して、将来のためになるような知識やスキルを身につけていけるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました