【就活生必見】ジョブ型雇用とは?メンバーシップ雇用との違いも解説

ジョブ型 メンバーシップ型 ニュース

就活の世界で最近よく耳にするようになった言葉といえば「ジョブ型雇用」。
なんとなく聞いたことはあるけど意味はわからない、という人も多いのではないでしょうか。

実は今、日本社会の雇用形態は大きく変わろうとしているのです。

今回は、これからの日本を生きていく上で、間違いなくキーワードになってくるであろうこの「ジョブ型雇用」について、従来の「メンバーシップ型雇用」との違いも踏まえながら解説していきます。

これから社会に出ようとしている就活生は、是非とも知っておくべき情報です。

そもそもジョブ型雇用とは?

ジョブ型

ジョブ型雇用とは、具体的な仕事の内容とその報酬を個別に提示し、そのポストにあった人材を採用する、という雇用形態のことです。
日本ではこれまであまり見られなかった形態ですが、欧米では従来からジョブ型が一般的でした。

ジョブ型の社会では、高い能力やスキルを持つ人が難しい仕事をどんどん引き受けていくため、必然的に個々人の能力やスキルに応じて給料が決まります。
要は、新卒かベテランかは関係なく、持っている能力によって報酬が決まる、ということです。

例えば、ビオレシリーズでおなじみの花王では、2020年卒採用からジョブ型での採用を開始しました。
今後も日立製作所や資生堂などがジョブ型雇用の導入を明言しています。

このジョブ型に対し、これまでの日本の雇用形態はメンバーシップ型などと呼ばれています。
ジョブ型の雇用は、従来のメンバーシップ型とどのように違うのでしょうか。
2つを比較しながら見ていきましょう。

メンバーシップ型との違いは?

メンバーシップ型

メンバーシップ型との1番の違いは、その給料形態にあります。

メンバーシップ型では働いた年数に伴って給料が上がる、いわゆる「年功序列型」の給料体系であるのに対し、ジョブ型では仕事内容によって給料が決定されます
「人」に対して給料が設定されるか「仕事」に対して報酬が設定されるかの違い、と思ってもらえるとわかりやすいかもしれません。

なぜ日本ではメンバーシップ型からの移行が求められているのでしょうか。

それは、終身雇用という昔からの文化がなくなりつつあるからです。

かつての日本では、1つの会社で退職まで勤め上げるのがスタンダードだったので、新卒の社員を教育して成長させることが重要でした。
そのため、若いうちは仕事を限定せずに様々な経験を積ませることで社員を育成していこう、と考えられていたのです。

しかし、終身雇用という形態が崩れて転職が一般化した今、企業側は即戦力の人材を求めるようになりました。
不確定要素が大きい社員育成よりも、すでに高い専門性や能力を身に付けた人材を登用したほうが効率が良いからです。

それでは、このジョブ型社会に移行する中で、就活生はどのようなことを意識すれば良いのでしょうか。

ジョブ型社会で生き残るには

ジョブ型 生き残る

ジョブ型の社会で生き残っていくために必要なのは、スキルや才能を武器にして専門性の高い人材になることです。
極端に言えば、全科目で60点を取れる平均点型の人材よりも、英語だけ100点で他は全て0点の一点突破型の人材の方が重宝される、ということなのです。

また、年齢はよくも悪くもあまり考慮されないため、若い人は経験のある年上の人と同じ土俵で戦うことになります。
同時に、年齢が同じであってもその能力に応じて給料が大きく変わってくる、ということでもありますね。

ここまで聞くと、ジョブ型の方が実力主義で厳しいし能力のある人ばかりが評価されて格差が広がるのではないか、と思いませんか?
メンバーシップ型の方がよかった、と思う人も多いと思います。

しかし、ジョブ型に移行するメリットもたくさんあるのです。
お次はジョブ型に移行することのメリットをご紹介します。

ジョブ型にはいい面がたくさん

一見するとデメリットが多そうなジョブ型ですが、実はメリットがたくさんあります。
主なメリットは以下の3つです。

  • 希望したキャリアを歩める
  • 企業の生産性が上がる
  • 結局は自分のためになる

順番に詳しく見ていきましょう。

希望したキャリアを歩める

まず1つ目のメリットは、希望したキャリアを歩めること。

これまでのメンバーシップ型では、以下のような事例もよくあります。

新卒の時は金融業界に憧れて銀行に入社したけど、配属されたのは人事部。

いつかマーケットに関わる部門で仕事をしたくて頑張ってきたけど、結局そのチャンスはなかったなぁ・・・

お菓子作りに関わりたくて製菓会社に入ったものの、全く興味のない経理部に配属されちゃって、すぐに辞めてしまいました・・・

大きな企業であればあるほどどの仕事を割り当てられるかは運次第であり、全く希望していない職種につくこともあるのです。

一方ジョブ型では、仕事の内容に対して応募する形なので、希望していない仕事を割り当てられるケースはほとんどありません。
自分自身で決断し、納得感を持って自分のキャリアを歩むためには、ジョブ型の方がメリットが大きいことがわかりますね。

企業の生産性が上がる

ジョブ型の2つ目のメリットは、企業の生産性が上がること。

仕事の成果にかかわらず勤続年数によって給料を決める年功序列型の会社では、次のような人がどうしても出てきてしまいます。

どうせ頑張っても給料には反映されないから、仕事は適当にやっとけばいいや。。。

この仕事大変だし、やる気のある若手に押しつけておこう。

いくら若手にやらせても給料は私の方が上だもんね。。。

高度経済成長期やバブル時など経済の状態がいい時代では、会社に余裕があったためこういう人がいても十分会社は成長していけました。
しかし、人口が減少し経済も停滞気味の現在では、会社としてはなんとか生産性を上げていかなければいけません。
このような状況を踏まえると、より生産性の高いジョブ型への移行は必然的なのです。

結局は自分のためになる

また、経済の状況が以前より悪化したことにより、会社としても従来のように退職するまで面倒を見るということを簡単に言えなくなっています。
経営状況が悪化すれば人を解雇しなければならないし、40年間倒産しないという保証もどこにもないからです。

そんな中、これまで通りメンバーシップ型が採用されていたらどうなるでしょうか。

新卒で入った社員は様々な経験を積みながら成長を期待されますが、その途中に解雇された場合、何の専門性やスキルもないまま突然社会に放り出されることになります。
新卒でもない、専門性やスキルもない、という状況ではその後の人生が非常に厳しくなるでしょう。
会社のいう通りに一生懸命働いていたとしても、こんな運命になってしまう恐れもあるのです。

一方、ジョブ型の社会では若いうちから高度な能力やスキルの習得が求められるため、もし何かしらの原因で職を失ってしまっても、その専門性を武器にまた就職先を探すことができるでしょう。

そう考えると、メンバーシップ型で甘やかされながら育つよりも、ジョブ型で厳しく育てられた方が結局は自分のためになるのです。

結局、今就活生がすべきことは?

就活生 やるべきこと

ジョブ型の特徴やメンバーシップ型との違いはわかったけど、結局就活生は何をすればいいの?と思った方はたくさんいることでしょう。

それに対する答えとしては、まずは自分の好きなことや得意なことを見つけるべき、というところになります。

プロ野球選手はみな野球好きであるように、コックさんはみな料理好きであるように、専門性とは自分の好きなことや得意なことの上に成り立つものです。

自己分析や様々な経験を通して、まずは自分の好きなことや得意なことを見つけていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました