MacOSでRの環境構築をやってみた!

Mac R インストール プログラミング

これまでずっとPythonメインで触ってきたのですが、やはりRも使っていきたいということで、自分のMacOSでRの環境構築をしました。

Windowsの方は、こちらの「R言語インストール(2020年 Windows)」が新しくて画像も豊富なのでわかりやすいかと思います。

Rをインストールするには、Rが配布されているサイトからダウンロードしてくる方法と、homebrewを使ってインストールする方法があります。
筆者はhomebrewを使う方法で行いました。

早速ダウンロードしてみた

まずはターミナルを開いて、

$ brew install r

と入力。すると

Updating Homebrew...

と出てきたので始まったっぽい。しばらく待機。

5分ほど経つと無事インストールできた感じだったので、次にRの開発環境であるR Studioをインストールするために、

$ brew cask install rstudio

と入力。再び10分ほど待つと

rstudio was successfully installed!

と表示されたので成功したらしい。アプリ一覧を見ると、無事「R Studio」が!

開いてみると、「Enable Automated Crash Reporting」というポップアップが出ました。
「プログラムの異常終了があったときに、自動でレポートを作成して報告しますか?」という意味なので、筆者はNoを選択しました。
調べたところ、どちらを選択しても特に問題ないようです。

このような画面が表示されれば、無事インストール成功です!!

Mac R インストール

無事成功した方、お疲れ様でした!

タイトルとURLをコピーしました