【長文苦手な人必見】現役東大生が教える長文が読めない本当の原因

英語長文苦手 受験勉強

中学生や高校生になり、英語を勉強すると立ちはだかるのが英語の長文問題。
筆者は家庭教師や塾講師で中高生をたくさん教えてきましたが、英語の中でも長文が苦手、という人はすごく多かったです。

文法は理解しているはずなのに、長文になると読めなくなってしまう、、、
長文が読めるようになるコツってないの、、、?

こんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、現役東大生である筆者が、英語の長文が読めない本当の原因について解説します。

英語に苦手意識があったり、英語に苦手意識はなくても長文がうまく読めないという中高生のお役に立てれば幸いです!

英語の長文が読めない原因はズバリ○○○である!

さて、突然ですがクイズです。
英語の長文が読めない原因、皆さんはなんだと思いますか?

長文が苦手なら長文を読む練習をすればいいだろ

このように考える人は多いのですが、残念ながら不正解です。
長文読解は、長文を読む練習をすることで得意になるわけではないのです。

では答えは何なのか。正解は「単語力」です。

いやいや、教科書に出てきた単語はきちんと覚えているし、学校の単語テストでも毎回高得点をとっているよ!

きちんと学校の勉強をしている人なら、このように思うかもしれませんね。

しかし、ここでいう単語力とは、「学校で習う単語を覚えていること」ではありません。
筆者の意味する単語力とは、「長文問題に出てくるような英単語は一通り全て押さえていること」なのです。

こう言われると、長文問題を解く際には毎回わからない単語があり、その度に辞書などで調べている、という人がほとんどだと思います。
しかし、基本的に長文の中にわからない単語が複数あったら、その長文をきちんと理解することはできないと考えて良いでしょう。
その時々でわからなかった単語を覚えたとしても、新しい長文問題を解くたびにわからない単語が出てきてしまうため、一向に長文が読めるようにはならないのです。

ではどんな勉強をすればいいのか?

長文が苦手な原因はわかったけど、長文を読めるようにするには、結局どんな勉強をすればいいの?

ここまで読んだ人は、上記のような感想を持つのではないでしょうか。
その答えはズバリ、「自分のレベルにあった英単語帳を一冊完璧にすること」です!

世の中に英単語帳はたくさんあります。
書店に行けば自分の学年やレベルに合わせた単語帳が売られていることでしょう。

その中から1冊でいいので、購入して完璧にマスターしてみてください。
だいたい覚えたな、という頃にはびっくりするくらい長文が読めるようになっているはずです。

筆者の実体験

英語単語帳

単語帳のマスターをまだやっていない人は、今日から始めてみることを強くオススメします。
マジで人生変わります。

筆者も中学生の頃は英語が苦手でした。
なんとなく期末テストの前に勉強して、よくも悪くもない点数をとっていました。

しかし高校1年生になってから勉強を本気で頑張ろうと思い、まず手をつけたのが英単語のインプットでした。
そこから単語以外の勉強を全て一旦ストップし、単語のインプットに取り組みました。

当時購入したのが、こちらの「ターゲット1900」。
なぜなら、「ターゲットの友」(通称「タゲ友」)というアプリがあり、これならゲーム感覚で単語を覚えられそう、と思ったからです。
高校生で英単語帳をどれにしようか迷っている、という人にはこちらの「ターゲット1900」はおすすめです!

本当に単語の勉強だけでいいのかという不安はあったし、すぐに成績がのびたわけでもありませんでした。
しかし、半分くらいまで覚えた頃には長文が苦ではなくなり、全部覚えたらセンター試験でも8割くらいを取れるようになったのです!

このとき、長文が苦手なのは単語力の問題だったのか、と強く実感しました。
単語力に自信がない人は、今日からはじめてみてください

余裕があれば発音もセットで覚えよう

英単語発音

ここまで単語を覚えることの重要性について解説してきましたが、単語を覚える際には発音もセットで覚えるようにすると、さらに効率をアップできます
と言っても、こんな声が飛んできそうですね。

長文と発音関係なくない?

しかし、それは半分正解で半分不正解です。

多くの人は長文を読む時、無意識のうちに頭の中で英語を音声化して読んでいると思います。
そのため、間違った発音のまま単語を覚えていると、長文読解の演習の際にその発音が脳に染み付いてしまうのです。

もちろん、長文を読むだけなら間違った発音で覚えていても問題ありません。
しかし、リスニングの際には、単語を間違った発音で覚えていると致命傷になってしまいます。

受験生の皆さんならご存知かもしれませんが、「共通テストの英語、「読む」「聞く」の配点大きく変更 主な国公立大学の比率は…」にもあるように、センター試験から共通テストに移行する際にリーディングとリスニングの得点比が4:1から1:1へと変わります
グローバル化が進む中、社会的に求められる能力も「英語を読める」から「英語でコミュニケーションが取れる」へと変わってきていることの表れだと言えるでしょう。

リスニングは正しい発音さえわかっていれば必ず得点源にできます。
せっかく単語を覚えるなら、アプリで発音を聴きながら学習する、付属のCDを購入するなどの方法で発音もセットで覚えていくことをオススメします

まとめ

以上、現役東大生である筆者が、長文が読めない本当の原因について解説しました。
要点をまとめると以下の通りです。

  • 長文が読めない原因はズバリ「単語力」
  • 単語力を身につけるには、まず単語帳を一冊完璧にしよう
  • せっかく単語を覚えるなら、発音もセットでチェックしておこう

また、高校生の人には、アプリを使うことで発音までセットで覚えられるという利点から、こちらの「ターゲット1900」がオススメでした。

単語を本気で勉強すれば、必ず英語の成績は上がります。
皆さんにとって英語が得意科目にできるよう、応援しています!

タイトルとURLをコピーしました