リクナビの就活用自己分析ツール「リクナビ診断」の特徴や感想を紹介!

リクナビ自己分析 自己分析

就活の自己分析を行う上で、自己分析ツールをうまく使うことは非常に大切です。

しかし、自己分析ツールって多すぎて、どれがいいのかわからないですよね。

またリクナビ診断で何がわかるのか、実際に就活に使えるのかなど、疑問に思っている人も多いと思います。

そこで今回は、10個以上の自己分析ツールを実際に使った私が、就活最大手の1つであるリクナビの自己分析ツール「リクナビ診断」が実際どうなのか、本音で解説します!

私のオススメの自己分析ツールはこちらの記事にまとめているので、興味がある方はこちらもご覧ください!

リクナビの自己分析ツール「リクナビ診断」の特徴

リクナビの自己分析ツール「リクナビ診断」の特徴は以下の通りです!

  • 性格の特徴から適性のある仕事まで幅広くわかる
  • 豊富なデータから自分の客観的な全体像を掴める
  • 答えやすい質問が多い

自己分析ツールの中では抽象度が高いため、全体像を把握しやすいのが1番の特徴です。

また、必要な情報だけがコンパクトにまとめられているので、回答にあまり時間がかからず、結果もわかりやすかったです。

デメリットとしては、分析が抽象的であるため、適性のある業界・職種など具体的な言及が少ないところが挙げられます。

具体的な部分に関しては、非常に詳しい分析が特徴的なキミスカの自己分析ツールなども併用して使うとよいでしょう!

リクナビの自己分析ツール「リクナビ診断」の感想

就活生向け自己分析ツールの中で、この「リクナビ診断」は結果がコンパクトにまとまっていて非常にわかりやすいです。

また、質問も答えやすいものが多く、あまり手間がかかりません。

ですから、自己分析のとっかかりには最適な自己分析ツールだと言えます!

しかし、リクナビと言えば、少し前に「リクナビ問題」が話題になりましたね。

そもそもリクナビ問題って何?とか、リクナビに自分の情報を登録しても平気?など不安に思っている人もいると思います。

私自身もかなり不安だったので、こちらの記事ではリクナビの安全性について徹底的に調べてみました。

気になる方はこちらもチェックしておいてください!

さて、ここからは、実際の登録から診断、結果表示までの流れや、所要時間などについて詳しく見ていきましょう!

リクナビの自己分析ツール「リクナビ診断」の始め方

まずはリクナビの就活生向け自己分析ツール、リクナビ診断のHPにアクセスします。

「リクナビ診断」で自己分析をするには会員登録が必要で、名前、メールアドレス、住所、連絡先を登録しました。

登録が終わるとこんな画面になるので、「受検する」を押して自己分析スタートです!

リクナビの自己分析ツール「リクナビ診断」の質問

リクナビの就活生向けの自己分析ツール「リクナビ診断」では110問の質問に答えます。

内容は2つに分かれており、まず自分の性格などに関する質問に「あてはまる」から「あてはまらない」までの4択で答えるという形式が59問ありました。

答えやすい質問が多く、スラスラと進めることができました。

次に、自分の行動や考え方などに関する質問に4択で答えるという形式が51問ありました。

自己分析全体での所要時間は10分くらいでした。

後半は答えにくい質問も多かったので、前半よりも時間がかかりました。

リクナビの自己分析ツール「リクナビ診断」の結果

リクナビの就活生向けの自己分析ツール「リクナビ診断」の全ての質問に答え終わると、結果が表示されます。

まずはこのように、オススメの仕事タイプを3つ紹介してくれました。

次はそれぞれのタイプについて、詳しく解説してくれました。

性格の傾向から仕事探しにおけるアドバイスまで行ってくれるので、まずはぼんやりとした就活へのイメージを持つことができます

就活に関するデータを大量に持っているリクナビが作った自己分析ツールなので、その信頼性もかなり高いと言えるでしょう。

分析結果もかなり自分のタイプと一致しているような感じがしました。

一方、具体的な業界・企業や職種などに関する言及はあまりないので、そこは他の自己分析ツールで補うなりすると良いでしょう!

リクナビの自己分析ツール「リクナビ診断」のまとめ

リクナビの就活生向け自己分析ツール「リクナビ診断」の特徴は以下の通りでした!

  • 性格の特徴から適性のある仕事まで幅広くわかる
  • 豊富なデータから自分の客観的な全体像を掴める
  • 答えやすい質問が多い

自己分析ツールの中でも、特に就活における自分の全体像を把握しやすいのがこの「リクナビ診断」です。

必要な情報がコンパクトにまとまっているので、これから自己分析を始めるという就活生はぜひやってみることをオススメします!

みなさんの就活がよりよいものになりますように!!

タイトルとURLをコピーしました