登録するだけで就活できる!?スカウト型就活サービスまとめ

スカウト型就活サイト 就活サービス

コロナウイルス感染拡大の影響で、先の見えない日々が続いています。

就活生の皆さんは不安な日々を送っているのではないでしょうか。

家から出られず、毎日のように経済の悪化や企業の倒産などのニュースをみていると、どうしたって気が滅入ってしまいますよね。

しかし、自宅では就活できないと思っているそこのあなた。

登録しておくだけで、自宅にいてもオンラインで就活できるサービスが広がり始めているんです!

それが、今話題の「スカウト型の就活サイト」。

今回は、そんな「スカウト型の就活サイト」について、詳しくご紹介していきます!

まだ登録していないものがあれば、忘れずに登録しておきましょう!

スカウト型の就活サイトとは

スカウト型就活サイトとは

スカウト型の就活サイトとは、通常の就活とは逆で、企業側から学生側にオファーをしてくれるサイトのことです。

就活生が自分のプロフィールをサービス上に登録しておくと、そのプロフィールをみた企業側が就活生に直接オファーする、という仕組みですね。

自分の情報を登録しておくだけで就活できるので、外出自粛中にぴったりです!

企業側としても、採用活動が思うようにできない中、こうしたスカウト型の就活サイトから採用しようという動きが強まっています。

今年の就活は、これまでとは逆のスカウト型の就活サイトがスタンダードになっていくかもしれません!

さらに、今回ご紹介するスカウト型の就活サイトは、どれも無料で利用できます。

具体的にどんなサービスがあるのか、詳しくみていきましょう!

OfferBox(オファーボックス)

OfferBox

1つ目にご紹介するのは、「OfferBox(オファーボックス)」。

資生堂やマイクロソフト、GREE、経済産業省などをはじめ合計7,500社以上が登録しているスカウト型求人サイトです。

「コロナがきっかけに…新卒でも「スカウト型採用」増加のワケ」によれば、新規の登録企業数は昨年から倍増するなど、今大注目のサービスです。

OfferBoxには、次のような特徴があります。

  • 就活生の3人に1人が登録
  • 就活生のオファー受信率90%以上
  • 企業の一斉オファーは禁止

それぞれ詳しくみていきましょう!

就活生の3人に1人が登録

OfferBoxを利用する学生の数は、なんと12万人以上!(2020年12月時点、20卒)

1学年の就活生の人数はおよそ40万人と言われており、そのうちの12万人ですから、だいたい3人に1人の就活生が登録していることになります。

登録企業数も大企業からベンチャー企業、官公庁まで多岐に渡っていますから、これからの就活には必須のツールになっていく可能性もあります!

就活生のオファー受信率90%以上

プロフィールを80%以上入力した学生のオファー受信率は、なんと90%以上

自分の情報を登録しておくだけで、ほぼ確実に企業からのオファーをもらえるということになります。

自分の志望業界からオファーが来るとは限りませんが、オファーをきっかけに自分の就活への視野が広がることにもつながります。

プロフィールには適性診断ツールもついているので、企業とのミスマッチを心配する必要もありません!

企業の一斉オファーは禁止

とはいえ、企業側は自動でオファーを送っているんじゃないの?と思った人!

OfferBoxでは企業のオファー数に制限があるので、自動でオファーを一括送信することはできません。

つまり、企業側はひとりひとりのプロフィールをしっかり見てからオファーしてくるわけです。

あなたの力を本当に必要としている会社からオファーが来るので、企業とのミスマッチが起こる確率も低くなるのです。

 

dodaキャンパス

2つ目にご紹介するのは、ベネッセが運営するスカウト型求人サイトである「dodaキャンパス」。

成長志向の大学生をサポートする目的で作られたサービスであり、大学1年生や2年生でも登録することができます

「dodaキャンパス」の特徴は次の通り。

  • 人気企業をはじめ多数の企業が登録
  • 大学1年生から登録できる
  • サービスの提供元がベネッセなので安心

それぞれについて詳しく見ていきましょう!

人気企業をはじめ多数の企業が登録

「dodaキャンパス」の1つ目の特徴は、人気企業をはじめ多数の企業が登録していること。

mixiやJTB、東京ガス、すかいらーくグループなど様々な業種の有名企業も登録しており、合計の登録企業数は6200社以上

これだけたくさんの企業が活用しているサービスであるため、プロフィールを90%以上埋めた場合のオファー受信率はなんと98%

ほぼ確実にあなたの力を必要としている企業と出会うことができるのです!

大学1年生から登録できる

「dodaキャンパス」のモットーは、「あなたの努力にオファーが届く」。

このモットーからも伺えるように、学生の努力や経験に対してオファーが届く仕組みを目指しているため、大学1年生のうちから登録できるのです。

そのおかげもあり、2020年5月時点での21卒〜24卒の登録者数は35万人以上

「オファーボックス」と並び、今後の就活生にとってはスタンダードなサービスとなっていくでしょう。

サービスの提供元がベネッセなので安心

「dodaキャンパス」は、教育業界最大手のベネッセと転職サービス「doda」も運営するパーソルキャリアが共同で運営しているサービス。

教育業界と転職業界のトップランナー同士が組んでおり、企業と学生の双方から信頼があるため、たくさんの企業や学生が登録しているのです。

また、学生の成長に重点をおいている点も教育事業を行うベネッセらしいですね!

就活関連のサービスを運営している会社はたくさんありますが、こうした有名企業が運営するサービスは学生側からしても安心して使うことができます。

 

キミスカ

キミスカ

最後にご紹介するのが、「偽らない就活」をモットーとしている「キミスカ 」。

「証明写真と学生時代に力を入れたこと」のような方法ではなく、ありのままの自分を企業に評価してもらうことができます。

キミスカには、次のような特徴があります。

  • 徹底的に自己分析ができるツール
  • 就活コンサルタントがついてくれる
  • オンラインのイベントも開催

それぞれ詳しく見ていきましょう!

徹底的に自己分析ができるツール

キミスカには自己分析ツール「適性検査」がついています。

この適性検査では、150問の質問から非常に緻密な自己分析ができるので、企業にありのままの自分の姿を知ってもらうことができます。

他の自己分析ツールと比べてもかなり多い質問数であることが分かりますね。

Twitter上でもキミスカの自己分析は人気のようですね!

就活コンサルタントがついてくれる

就活をする中で、何をすべきか分からなくなったり、やりたいことが見つからなくなったり、様々な悩みを抱えることでしょう。

そこでキミスカでは、困った時にコンサルタントが相談に乗ってくれるのです!

コンサルタントにはそれぞれ得意な業界や職種があり、専門的なアドバイスを受けることもできます。

就活をする上で心強い味方になってくれることでしょう!

オンラインのイベントも開催

さらにキミスカでは、オンラインでのイベントも開催しています。

就活において意識すべき様々なテーマについてのオンラインセミナーがあるので、自宅にいても就活の情報を得られるのです。

就活の情報を定期的に得られるだけでもだいぶ不安がなくなります!

 
 

スカウト型の就活サイトのまとめ

今回の記事では、スカウト型の就活サイトを2つご紹介しました。

OfferBoxはいま急速に就活生の間で広がっていますし、キミスカは自己分析ツールとしても非常に役立つサービスになっています。

コロナをきっかけに日本の就活は変わりつつあります!

登録するだけでオファーがもらえるスカウト型の就活サイトに、今のうちに登録しておきましょう!

皆さんの就活が上手くいきますように!!

タイトルとURLをコピーしました