【22卒経験談】就活のweb面接前の必須チェックポイント5つ

就活 web面接 体験談

コロナウイルスの影響により、就活のオンライン化が進んでいます。

筆者は実際に22卒として就活を経験しましたが、ほとんどの選考プロセスはオンライン上で完結していました。

このように情勢が変化すると、就活生にとってはこれまでのノウハウが通用しなくなるため、実際に新しいスタイルの就活を経験した人の話を聞きたいところだと思います。

そこで今回は、合計10社以上のweb面接を経験した筆者が、web面接の前にチェックしておくべきポイントを5つご紹介します。

インターンや本選考のweb面接を控えた方は必見です!

Wi-Fi・通信環境

web面接 Wi-Fi

web面接において間違いなくもっとも重要であると言えるのが、Wi-Fiや通信環境。

就活の面接では、情報漏洩を防止するため公共の場所からの接続が禁止されている場合がほとんどです。

したがって、安定した通信環境を自分で用意しておく必要があります。

面接は就活生の実力や適正を見極めるための場ですから、それ以外の部分によって合否が左右されてしまうのは、企業側と就活生側の双方にとってもったいないことです。

「web面接のためにわざわざスペックの高いWi-Fiを用意するのはもったいない」と思う人もいるかもしれませんが、就活の合否次第では年間数十万〜数百万円の給料差が生まれる可能性もあるわけです。

そう考えれば、自分の人生を左右する場で多少の出費をケチることがどんなにもったいないことかわかるはずです。

まずはスペックの高いWi-Fiを用意し、自分の実力にきちんと目を向けてもらえるような環境づくりを意識しましょう。

ちなみにオススメのWi-Fiとしてはコンセントに差すだけですぐに使えるSoftBank Airがあります。

通信量の制限もないため、面接が立て込む時期でも速度制限の心配もありませんね。

工事不要!インターネット使い放題【SoftBank Air】

web面接 音

次に注意すべきポイントは、携帯の通知や家族の会話などの音です。

こうした音が面接中に入ってしまうと面接の進行に支障をきたしてしまうだけでなく、場合によっては評価に悪影響が出てしまう恐れもあります。

具体的には、携帯電話や目覚まし時計、炊飯器といった電子機器の他、家族や外の音などにも気を配るべきでしょう。

部屋のドアや窓を閉めたり、家族に時間を伝えて静かにしてもらうようにしましょう。

筆者の場合、1度だけ炊飯器のお米が炊き上がった音が入ってしまったことがありました。

幸い事なきを得ましたが、こうしたハプニングは起こらないに越したことはありません。

通信環境と同様、実力以外の部分で評価が下がってしまうことほどもったいないことはありませんから、細心の注意を払って準備してください。

髪型・服装

web面接 身だしなみ

次に気を配るべきは、髪型や服装といった身だしなみの部分。

これは対面での面接と変わりませんが、オンラインだと家から接続できてしまう分、ビジュアル面の準備が疎かになってしまいがちです。

面接の第一印象は最初の2秒で決まるとも言われており、見た目の印象が重要であることは科学的にも証明されています。

外に出る必要がないからとギリギリの時間に準備を始めるのではなく、特にカメラに映る上半身の見た目で好印象を与えられるよう、時間に余裕を持って準備しておきましょう。

また、「下半身はスーツでなくてもよいのか?」というところが気になる人もいるでしょう。

筆者の場合は、実際の面接で下半身が映るような場面はありませんでした。

基本的には座って面接するので上半身だけスーツを来ておけば不都合はないと思いますが、万が一起立を求められた場合、上半身のみスーツという格好は間違いなく悪評価になってしまいます。

念のため全身きちんとスーツを着ておくのが無難な選択肢であると言えるでしょう。

背景

web面接 背景

ビジュアル面と同時に気をつけるべきなのが、背景。

「バーチャル背景を使うのはOKかNGか」みたいな話もよく出ていますが、実際に就活をした経験からいうと、ほとんどの就活生はバーチャル背景を利用していませんでした。

面接官の方も、一部のIT企業などを除くとバーチャル背景を利用していないことが多かったです。

ここは受ける企業の社風にもよる部分だと思いますが、基本的にIT系など新興企業の場合以外はバーチャル背景を利用しない方が無難だといえますね。

また、バーチャル背景を利用しない場合は、部屋の映る場所を綺麗にしておくことも重要です。

壁のポスターなどが映らないようにしたり整理整頓をしておくほか、照明のあたり方などにも気を配っておきましょう!

充電

web面接 充電

最後に気をつけるべきポイントが、端末の充電。

可能ならば電源に繋いだ状態でweb面接に参加するのが理想ですが、それができない場合はきちんと充電をmaxにした状態で面接を迎えましょう。

面接の直前で充電不足に気づいても、もう手遅れになってしまいます。

余裕を持って充電を確認しておき、もし可能ならパソコンとタブレットなど端末を複数用意しておくと安心です。

まとめ

就活のweb面接における事前チェックポイントをまとめると、以下の通りです。

  • Wi-Fi・通信環境
  • 髪型・服装
  • 背景
  • 充電

自分の実力をしっかり評価してもらえるよう、事前の準備を入念におこなった上でweb面接に臨むようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました